【厳選3選】初めてのRPA導入が分かる!おすすめ書籍3選

2019年5月26日RPA

RPAを学べる本はまだ少なく、専門書はほとんどありません。

各社によってRPAの仕様や設計が異なるためです。

 

一方、入門書に最適は多く書籍は出版されています。

 

けどあなたに合う本を見つけるのはカンタンではないですよね…

・RPAとRDAの違い

・RPAに任せる仕事、任せない仕事

・事例を用いたRPA導入のプロセス

・各社RPAツール比較

 

それに読者によって事例か仕事の仕分けノウハウか、何を知りたいのか違います。

そこで今回の記事では、本の特徴とともにおすすめできる人も書いています。

これら本を手にとって、ぜひあなたに最良のRPAツールに出逢ってください。

 

いちばんやさしいRPAの教本【現場推進でRPA導入を検討する方向け】

著者:進藤圭

 

 

定番のいちばんやさしいシリーズからのRPA導入本!

RPA導入を本格的に考えている方向けとなります。しかしエンジニアや情報システム部門でなくても分かるのが本書の特徴です。専門用語もやさし〜く丁寧に解説してくれます。

 

 

RPAの選定から導入・運用まで、知っておきたいポイントを見やすくわかりやすく学べます。小さくはじめて大きな成果を得るためのノウハウを現場目線でやさしく解説。RPAの活用事例&働き方改革を実現するためのヒントが満載。

 

 

 

こんな方におすすめ

RPAの全体像を知りたい
自社にRPAを適用できるのか知りたい
効果測定の考え方を知りたい
RPAのメリットもデメリットも知りたい
導入時のプレゼン資料を作りたい

 

 

RPAの威力【具体的な導入事例で活用方法が分かる】

著者:安部慶喜、金弘潤一郎

発行:日経BP社

 

 

ITコンサルのアビームがまとめていて分かりやすい

さすがコンサルティングファームだけあって、論点整理と結論ファーストでまとめられていてわかりやすい。文書だけでなく図も駆使して初心者の方でもRPA導入後のイメージが想像できるでしょう。

 

 

さらにアビームはRPAベンダーのパートナー企業です。導入企業側の支援に携わった経験が本書の中で活きています。各社の業務改善プロセスを事例として紹介することでRPAが「働き方改革」にもたらすインパクトを知ることができます。また効率化によって生まれた時間を高生産性に変えるイノベーションにも着目しており、時代を先読んだ一冊です。

 

初めての一冊にどうぞ!

 

 

こんな人におすすめ

RPA導入のインパクトを知りたい

具体的な事例を知りたい

導入後のイメージをしたい

 

 

RPAのはじめかた【見て学ぶ!体験型ガイドブック】

著者:カワサキタカシ

発行:RPA BANK

 

 

ダントツのわかりやすさ

正直、わかりやすさならダントツです。

 

 

文章で説明されてもよく分からん…

って方いますよね。これなら実際のツール見て触りながら学べます。

 

 

それにツールの使用感は本当に重要な要素のひとつです。きちんと自社に合ったものを採用しないと、せっかく導入したのに使われなくなってしまうケースもあります。そうするとコストと時間が無駄になってしまう。それどころか、野良ロボットがシステムにいたずらして大損害なんてパターンは誰しもが避けたいはず。

、「いちいち各社に問い合わせる余力もないわ!」って声が聞こえてきそうです。笑

 

 

けどこれなら一度に5つのツールが体験できるんです!

WinActor
BizRobo!
UiPath
RPA Express
WorkFusion

 

 

一度にこれだけのツールを具体的な使い方まで紹介してくれる本は世界でこれだけです。またボトムアップ型導入なら一度現場の人に使わせてみて、フィードバックをもらうなんて使い方もできそうです。

 

 

とにかくRPAツール選びには必須の教科書です。

 

 

こんな人におすすめ

・各社のRPAツールをまとめて体感したい人

・ツール選びに迷っている人

・試しにRPAを触ってみたい人

 

 

なんでも下調べが肝心

最近はRPA書籍が出てきましたね。過去の事例は大変参考になるものばかり。

導入を検討される方はぜひお読み下さい。

 

 

またRPAをひとつのツールだと思ってる人方が非常に多いです。しかし各社によって仕様や設計には特徴があります。

その点を学ぶために3つ目の体感型で見て触って学ぶこともおすすめします。

 

それでは👋

投稿者プロフィール

稲野健夫
稲野健夫管理者
当ブログを大学生の頃から執筆しております。RPAやAIによる業務の自動化を経て、より人がクリエイティブに働ける社会を作りたいです。

RPARPA

Posted by 稲野健夫