BizRobo(Kofax RPA)を使ったロボット作り実践記#1

2019年5月20日BizRobo, RPA

●●●
R・ピエ太

よっしゃ、今日はヒマやしBizRoboでも教えたるわ

●●●
たけち

え、ピエ太BizRobo触れるんだね!教えてー!

 

●●●
R・ピエ太

あたりまえやん。ええけど、スパルタやから覚悟せえよ

●●●
たけち

この間の無償ライセンスで作るんだっけ?

 

●●●
R・ピエ太

せや、まだインストールしてへん人はしときぃ〜や

【インストール方法】

今回の記事では、BizRoboを使って簡単なロボットを作ってみましょう♪

興味ある人は「こんな風に作るのか」と参考にしてください!

BizRoboとは?(Kofax RPA)

●●●
R・ピエ太

本題に入る前にBizRoboの基本的な説明しとかなあかんねん

●●●
たけち

確かにインストールはしたけどイマイチ理解してないや…

 

ピエ太によると、 BizRoboには大きく分けて3つの機能があります。

  • Design Studio
  • Device Automation
  • Management Console

それぞれ機能や役割が違います。

しっかり覚えていきましょう♪

 

 

<Design Studio>

 

簡単にいうと、Design Studio(DS)とはロボットを作る場所です!

DSでWEBブラウザやエクセルで自動化したいアクションステップを繋いでいきます。

 

●●●
たけち

ロボット?ロボットのパーツを組み立てるの?

 

●●●
R・ピエ太

ちゃうちゃう、ここのロボットちゅーのは一連の自動化プロセスのことや。すぐに分かるわ。

 

 

<Device Automation>

Device Automation(DA)とはPC端末の操作を司るソフトウェアになります。

別の場所にある端末をDAで遠隔操作を行います。

DAはDSのアクションステップのひとつとして用意されています。

 

しかし設定しないと使えないので注意してください。

 

●●●
たけち

DSとDAって何が違うの?どっちも自動化でしょ?

 

●●●
R・ピエ太

DSはブラウザやエクセルの自動化やろ?DAは実機をいじれるんや。ゆーたらDSでは手の届かんアプリケーションとかも操作できるっちゅーことやねん。

●●●
たけち

なるほど!似ているようで全く違うんだね!

 

●●●
R・ピエ太

ちなみに、DAをいじるには別PC端末がいるで。それか仮想環境でもええねんけど、ほんまDAってのは手のかかるやっちゃ

 

 

<Management Console>

 

Management Console(MC)は作成したロボットの統合管理を行う場所です。

ロボットをアップロードして、定めた日時に定期稼働の登録を行ったりできます。

今の段階では、MCはロボットの管理を行う場所と覚えてください♪

 

●●●
R・ピエ太

作ったロボットはここにアップせんと動かへんから注意やで。

●●●
たけち

DSでロボットを作るだけじゃ意味がないんだね!メモメモ

 

●●●
R・ピエ太

そやねん。3つの役割は大体わかったんちゃうか?次はロボット作成のステップやで

それでは次にロボット作成手順を見ていきましょう♪

 

 

ロボット作成ステップ

ここではBizRoboを使ってロボットを作る順番を簡単に説明します。

①まずDS起動して、業務プロセスに沿ってアクションステップをつないでいく。

●●●
R・ピエ太

まあ今は「こんな感じかー」って流し見してたらええわ

 

 

②必要に応じてDAを起動して、端末に遠隔操作を加える。

●●●
R・ピエ太

これは「DA使うときだけ」の操作やで。使わん時も全然あるねん

 

 

③完成したロボットをMCにアップロードする。

●●●
たけち

ここにアップロードして完成なんだね!

 

 

 

実際のロボットを作成してみよう♪

大体理解できたでしょうか?

とりあえず3つの機能だけは頭に入れてロボット作成をはじめましょう。

 

もしわからないことがあればコメント欄に質問してください♪

ピエ太が丁寧に答えてくれますよ。

 

●●●
R・ピエ太

どや、大体わかったんか?

●●●
たけち

うん!早くロボット作りたいよー!

 

●●●
R・ピエ太

慌てんなや。とりあえずこの3つの違いを頭に入れてはじめたほうが後々楽やねん。

 

●●●
たけち

何事も基本の理解が大事なんだね。

 

●●●
R・ピエ太

そやで。そんなら次はいよいよロボット作成やな

 

 

投稿者プロフィール

稲野健夫
稲野健夫管理者
当ブログを大学生の頃から執筆しております。RPAやAIによる業務の自動化を経て、より人がクリエイティブに働ける社会を作りたいです。