【レビュー記事】BizRoboと他社の比較(難易度・習得時間)

2019年9月28日BizRobo

 

BizRoboはKofaxから無償トライアルを申し込めます。

 

だけど無償トライアルまではしないけど、興味のある人って多いですよね。

そこで、実際に使ってみたレビュー記事を書いてみました。

●●●
R・ピエ太

お!ついにRPAのレビュー記事デビューやな〜

 

この記事を読む人は、恐らくIT初心者が多いと思います。

ゆる〜く解説していきますね。

 

 

<この記事をオススメしたい人>

・BizRoboに興味がある

・RPAを使ってみたい

・RPAってどう使うのか知りたい

 

 

BizRoboとは?

BizRoboとはRPAテクノロジーズ社が販売するRPAツールです。

同社は東京に本社を置き、日本各地に支社を持っておりRPAツールのセールスを行っています。

 

 

国内RPAとしてはとても有名なRPAです。

●●●
R・ピエ太

RPAに詳しい人は聞いたことあるんやない?

 

 

BizRoboの強みは、現場主導で使えるかんたん操作です♪

UiPathを使ったことがある人は、BizRoboのかんたん操作にびっくりします。

 

 

 

だれでも使えるRPAを目指す同社は、Verアップ毎に使いやすくなっています。

はじめて使うRPAにとてもおすすめですので、興味あれば無償トライアルしてみましょう!

 

 

ロボット作りはDesign Studioでする

まずRPAの具体的なロボット作りのイメージってわきますか?

 

多分ほとんどの人は知らないですよね。

 

 

BizRoboに関していえば、ロボット作りはDesign Studio(DS)を使います。

DSとは、ロボット作り専用のソフトウェアです。

 

 

DSをインストールしてはじめてロボット作成の準備が整います。

 

 

<Design Studio画面>

 

 

起動時の画面ですがなんだかよく分かりませんよね。笑

もう少し実践的な画面を見てみましょう。

 

 

<ロボット作りの途中>

 

●●●
たけち

あれ、急にごちゃごちゃしてきたな…むずそ

 

わたしもはじめはそう思って引け腰でした。

けど使ってみると案外かんたんに覚えられました♪

 

 

完全初心者でも1月すればロボットはさくさく作れるようになります。

わたしの場合は、1月目で10個のロボットを作成しました。

 

 

●●●
たけち

やっぱりBizRoboは現場主導向けに作られているだけあるな〜

 

 

 

 

 

慣れるまである程度時間はかかる

しかし使いはじめてすぐにロボットを作れるわけではありません。

まずDSの各機能やロボットの作りを覚えるのに数時間〜数日必要です。

 

 

当初、私もは使い方がわかりませんでした。

 

わたしの場合は、ネットの参考サイトを見て進めていく、驚くほど地道な学習スタイルでした。BizRobo講習などありますが、4万/日とかで一般人には現実的ではありません。

 

 

 

けどそんなわたしでも1月すればDSの機能はほぼ理解できて、ロボットを作れましたよ。

いまは簡易な「検索ロボ」なら10分で作れます♪

 

 

時間のある人はネットの情報でも十分に理解できます。

あせらずじっくり取り組みましょう。

 

まずは目安として、一日1時間を1週間続けてください♪

それなら初週でもいくつかのロボットは作れます。

 

 

BizRoboのいいとこは3つ

わたしはこれまでいくつかのRPAツールを経験してきました。(すべて無償トライアル

例えばBizRoboに加えて、UiPathAutomation Anywhereなどもトライアルしてます。

 

 

その経験からBizRoboがいいと思った点がいくつかあります!

<BizRoboのいいとこ>

・アクションステップがいい

・各機能がわかりやすい

・ロボットの実行速度がはやい

 

そこら辺も軽く紹介していきます!

 

 

・アクションステップがわかりやすい

 

DSのアクションステップとは、矢印の部分をさします。

いま自分のロボットがどのようなプロセスで繋がっているか常に確認できるのです。

 

 

実はこれがかなり便利なんです。

 

まずミスがかなり減ります。絶妙な位置にあるので、常に確認しながらストレスフリーでロボット作りを進められます。

 

 

そしてワンクリックでその時点にさかのぼれるので、ロボットの編集もすごい楽です。

「あ、ここの要素変更できるかな〜?」って思った時などは、ステップをクリックするだけ。

 

●●●
たけち

これは本当にほしかった機能でした。

 

 

 

各機能が一覧できる

 

DSの特徴として、主機能がメイン画面に集約されています。

 

 

実はこの見やすい画面表示をしているRPAって案外少ない!!

UiPathもAAも画面を行ったり来たりが当たり前だからね。

 

 

 

<UiPathの画面>

 

 

 

<AAの画面>

 

 

おそらく、デュアルモニーター前提でUI設計されてる。わたしみたいにノーパソでロボット製作する人はしんどいです。

 

●●●
R・ピエ太

クライアントに大手企業が多いからやろな〜

 

 

UiPathとAAが長続きしなかった理由はこれかもしれない。

ほんとに小さなことだけど、使い続けるとストレスになってくるんですよ。

 

 

・ロボットの実行速度がはやい

●●●
R・ピエ太

実行速度は、実際にロボットが自動化処理を終了するまでの時間ってことやで

これもほんと些細なことなんですけどね…笑

 

 

けど実行処理って途中に何回も何回もするわけで、やっぱりおそいとストレスになります!

特にUiPathは実行速度がモッサリ気味でした。(DSの1.5倍くらい)

 

多分そう感じてる人多くない?

 

 

その点、BizRoboははやい!

エクセル処理なら数百行を数秒かからず終えちゃいます。

 

 

もしUiPathしか触ったことない人はBizRoboを使ってみてほしい。

きっと速度の違いにおどろきますよ。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

DSの魅力が伝わればうれしいです。

 

もちろん、UiPathAAの優れている点もあります。

けどDSに関しては、今日お伝えした点はその他よりも優秀です。

 

<BizRoboのいいとこ>

・アクションステップで一目瞭然

・各機能がわかりやすい

・ロボットの実行速度がはやい

 

もし上記の機能を重視する方にとっては、BizRoboはとてもおすすめしたいRPAです♪

 

15分くらいでインストールできるので、興味があれば使ってみてください。

 

 

<インストール編>

 

 

<ロボット作り記事>

 

投稿者プロフィール

稲野健夫
稲野健夫管理者
当ブログを大学生の頃から執筆しております。RPAやAIによる業務の自動化を経て、より人がクリエイティブに働ける社会を作りたいです。